モニラリア成長日記② -発根〜発芽-




11月15日に播種したモニラリア・オブコニカ。
www.kazuho.info
 

これは…発根?

播種から2日。(2018年11月17日)
恐る恐るモニポット(モニラリアのポット)の中を覗いてみると…

あ!種から根が!!これ根ですよね!!!

種から伸びる細い根

発根の拡大写真
前回の失敗がありますから、ちょっとホッとしました。
豆もやしみたいです。

 

そして翌日。

 

発芽!

やりました〜〜!!
12粒中、4つが発芽、あと1つも発根していますね。(2018年11月18日)

発芽を確認しました

ちなみにこの日は私の誕生日でした。おなじ誕生日だ!

 

さらに次の日。(2018年11月19日)

次々と順調に発芽しています!
写真のピントが甘くて申し訳ないのですが、目視で10個、発芽を確認しました。

種から小さな芽が出ています

発芽の様子を横から見た写真

横から見ると、にょっきっとしているのが分かります。
高さ4mmくらいでしょうか。

腰水に色が付いていますが、カビを恐れて結構頻繁に水換えをしているので、おそらく土の色だと思われます。水を入れる時も、種が極力動かないように慎重に行なっています…。

備忘録

素人なりにこうしたほうがいいのかな、と思ったこと。

  • 念のため土は消毒してカビ予防。
    あと、ゴールデン培養土(サボテン・多肉用)だけだと、極小のモニラリアの種に対して粗いと思ったので、百均の土も混ぜて種が落ち着きやすいようにしました。

  • 水やりは腰水で。
    こんなジュクジュクで大丈夫か…!?と思いましたが、湿潤なほうがいい気がしました。(前回は霧吹きでした。) 水換えもマメに。
    1ヶ月くらいは、保湿用の蓋も被せた状態で様子を見ようと思います。

  • 土を蒸らさないようにする。
    私の部屋が北向きで超寒く、今秋の気温がぐっと下がった日なんかには暖房を入れていたのですが、そうすると土や素焼きの鉢にカビが発生しやすくなっていると気付きました…。できるだけ人間は我慢して、気温や風通しを意識して育てていこうと思います。


それから、今回のモニラリアの種は「みつき屋」様で購入しました。(前回は違います!)
説明書も付けてくださっているので、初心者にはありがたいですね。

 

さて、噂によれば成長はゆっくりゆっくりなモニラリア。
果たして無事にカビを生やさず、本葉のうさ耳は出現するのか…!